うつ病になる原因と代表的な症状を正しく把握しよう

完治までにかかる期間

カウンセリング

色々な原因がきっかけで運悪くうつ病になってしまって、治療を継続しているけど、うつ病になる前の状態に戻れないと考えている人は少なくありません。本当に治るのか、治るまでにどれくらいの期間がかかるのかなどで悩んでいる人もいるでしょう。そこで、うつ病の完治・克服について色々と見てみましょう。

うつ病や統合失調症などの精神疾患がある程度の状態まで復活することを完治とは言わずに、寛解と言っています。これは、ほぼ症状が良くなっている状態ですが、精神疾患に関しては、完全に完治しているように見えても、再発する可能性があるという意味で寛解という言葉を使用しています。精神疾患の場合は、発症のメカニズムや原因などが明確になっていないこともあるので、治った状態も確かな線引きで語ることは難しいです。そのため、ほぼよくなった回復状態であることを寛解と呼ぶのです。うつ病の寛解までは、どのくらいの期間がかかるのでしょうか。うつ病になってしまう原因やメカニズムは未だうまく解明されていないので、現在の時点では根治治療はなく、対処治療法しかありません。既存の治療法をフルで活用しても、約7割しか寛解に至らないと言われています。残り3割が現在の治療法では治りにくいとされている難治性のうつ病です。一般的に治療に反応する人は、治療を始めるとその多くは平均で6~12週間ほどで寛解するでしょう。ですが、寛解語は3か月~半年までは治療を継続する必要があります。その後も症状の安定が見られれば、少しずつ薬を減らしていき、再発予防のための継続治療が始まります。このことから、最終的に薬に服用が終了して、完全に治療が終わるまではかなりの時間が必要になることが分かりましたね。原因が未だよくわかっていないうつ病なので、治療も慎重に行なっていくことが重要です。

Go to Top