うつ病になる原因と代表的な症状を正しく把握しよう

食事でうつ病が改善する

婦人

うつ病を改善していくためには、日々の食生活の重要と言われています。そこで、うつ病が発症してしまう原因やうつ病に効果的な食べ物について確認してみると良いですよ。うつ病の原因は脳内伝達物質セロトニンの減少が関係しています。最近のうつ病治療で使用している代表的な抗うつ剤はセロトニンの再取り込みを防いで、セロトニンの分泌量を改善するものになっています。このセロトニンですが、実は食事で摂取することでしか、生成することは出来ないのです。しかし、口から摂取しても、残念ながらそのほとんどは脳に届くことはありません。ですので、セロトニンを多く含む食材を食しても、あまり効果を期待することは出来ないでしょう。その代わりにセロトニンの材料となる、トリプトファンを摂取することを意識すると良いですよ。トリプトファンは腸内で吸収されて、その際にセロトニンを生成してくれる働きがあります。

トリプトファンが多く含まれている食材は豊富になります。その中で現実的で、かつ効率が良いとされている食材は納豆や豆腐、みそ汁、豆乳があります。日本の食卓に欠かせない朝ごはん定番の味噌汁や納豆などがあるので、毎日摂取することが可能でしょう。みそ汁のみそは大豆から作られているので、トリプトファンが多く含まれています。また、トリプトファンの含有量で言うなら、納豆が非常に優れていますよ。本日からでも遅くはないので、納豆などを積極的に食べていくようにしましょう。なお、うつ病の食事療法には問題点があります。それは、食事療法を開始しようと思っても毎日継続することが困難になってしまうことになります。そのため、食事療法を行なう場合は周囲の協力も大切です。協力しながら原因となってるセロトニンを増やしましょう。うつ病になってしまう原因をしっかりと把握して、無理のない食事療法を続けることです。

Go to Top