うつ病になる原因と代表的な症状を正しく把握しよう

うつ病とうつ状態

看護師

うつには色々な病態があります。例えば、秋から冬にかけての季節が原因となり発症することが多い冬季うつ病や、こころの症状より身体的な症状が強く出てしまうことでうつ病と気付きにくい仮面うつ病、特定の場所やタイミングで気分が沈んだり身体が硬直したりする新型うつ病などがあります。それぞれ、うつになってしまう原因や細かい症状や効果的な治療法に違いがありますが、どれも同じ原因で発症するうつ病というジャンルに含まれている病気であることは共通しています。ここで、うつという名前が付けば、すべて同じ病気になってしまうのという疑問が発生すると思います。実はそうではありません。うつ病とうつ状態は一見、同じようなものを表していると考えられますが、細かく見ることで大きな違いがあることが分かります。ここではうつ病とうつ状態の違いについて紹介していきます。

うつ病とうつ状態の違いを言うと、うつ病は憂うつになる病気で、うつ状態は憂うつな気分になっている状態のことを指しています。悲しいことや辛いことがあれば、気分が落ち込んでしまって憂うつな気分になるでしょう。これは誰にでも発生することで当たり前の感情表現とも言えます。気分が暗いと何事にも興味がわかなくなってしまいますし、身体を動かすのも面倒と感じてしまいます。このような症状だけを見たら、うつ病もうつ状態もほぼ同じと言えますが、それ以外において大きな違いがあるのです。それは、うつ症状の強さが違います。うつ病では空想と現実を混同してしまう妄想状態に入る場合があります。この妄想状態では、現実よりも妄想の方を優先してしまって、妄想が現実の行動や考え方に影響するようになってしまいます。一方で、うつ状態の場合は妄想状態に深く陥ることはあまりないです。一時的に誤解や勘違いを事実だと受け入れてしまうことはあっても、他人から指摘されて間違っている証拠があれば、それをちゃんと受け入れる判断力を持っています。また、うつ状態を放置していると、うつ病に発展してしまう恐れがあるので、注意が必要ですよ。加えて、うつ病やうつ状態になる原因をちゃんと把握して、ストレスを溜めずにリフレッシュをすることも重要でしょう。

Go to Top