うつ病になる原因と代表的な症状を正しく把握しよう

休養することの意味

悩む人

もしうつ病になってしまったら、十分な休養と抑うつ剤を服用して治療を行ないます。ここでは、休養を行なう重要さについてを紹介しています。うつ病になった原因や病気自体を認知して、休むことがな大事ですよ。

食事でうつ病が改善する

婦人

うつ病を発症する原因に、脳内伝達物質のセロトニンが減少していることがあります。このセロトニンを補うために、トリプトファンが多く含まれている食材を積極的に摂取した方が良いでしょう。

うつ病とうつ状態

看護師

うつには色々な種類があり、原因や症状、有効的な治療法が異なってきます。その中でよくうつ状態で聞きますが、うつ病との関係性や違いについて、詳しくチェックしていきましょう。

ストレスが主な原因

植物

うつ病を発症する患者数は年々増加しており、この状態が続くと患者数がもっと増える可能性があります。そこで、うつ病を発症してしまう原因であるストレスを理解していきましょう。

完治までにかかる期間

カウンセリング

うつ病などの精神疾患の場合は、ある程度回復しても完治とは言わずに寛解と言っています。うつ病の場合は、発症の原因やメカニズムなどが未だ解明されていないので、回復状態であることを寛解と表しているのです。寛解について気になる人は要チェックですよ。

うつ病の症状

女性

うつ病とは専門的な言葉で言うと、感情や気分、意欲、思考などの障害を示している精神症状と合わせて睡眠障害や食欲不振などの身体的な症状が発生する病気になります。人によって症状が発生する度合いが異なり、ある人は意欲に対する障害が強かったり、別の人では感情や気分の障害が強かったりします。また、精神症状よりも強い身体的な症状が発生するうつ病もあります。ですが、うつ病を患っている患者さんの話を聞いていると、やはり感情や気分の障害や意欲の障害を表す症状がうつ病の特徴でした。丁寧にそして詳細に患者さんが発生している症状を確認することが、うつ病の診断には必要不可欠となっており、それは専門の知識を持っている医師に任せましょう。次に、うつ病でよく見られる具体的な症状を挙げていきます。

まず、最も中核的な症状は感情や気分の障害になります。一般的に抑うつ気分と言われており、「気分が憂うつ」「気分が沈む」などと表現されます。このような抑うつ気分を背景にしてよく「さみしさ」「悲しさ」「孤独感」「無気力」などの症状を訴えられることが多いです。さらに喜びなどのポジティブな感情を抱くことが出来ずに、日常生活の中で興味や関心が湧かなくなってしまいます。あるいは原因不明の不安や焦燥感が強くなって、起こりやすくなったりもします。また、特徴的な身体的症状として、全身倦怠感や疲労感があります。これはちょっとしたことですぐ疲れたり、身体がだるくなったりする症状になります。こちらも本人にとっては原因不明の体調不良なので、精神科や心療内科よりも先に内科に受診する人も珍しくありません。不眠や眠気などの睡眠に関する症状もうつ病では代表的な症状と言えます。夜間に何度も目が覚めたり、朝早く起きてしまったりするのが長期間続く場合は注意が必要でしょう。加えて、食欲不振や吐き気などの消化器症状も一緒に発生することがあります。うつ病は誰にでもかかる恐れがある病気です。自分はうつ病にならないだろうと考えずに、まずはよくある症状などを理解していきましょう。

Go to Top